スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

失禁させられるか

金曜はハンソデ、ハラマキともはずせない飲み会で帰りが遅くなる。
飲み会や長時間の残業がなくとも毎日毎日ひとりポツンと留守番をしているウシに、さらに寂しい思いをさせるのは耐えられず、1泊2日にて保育園で預かってもらうことにした。

今、書籍編集者の神とも言える、幻冬舎社長見城徹氏の「編集者という病い」という本を読んでいる。
その中に、見城氏と愛犬とのエピソードがある。

見城氏の愛犬「エド」を、生後8ヶ月で躾のための訓練に出すことにした。
訓練のためには3ヶ月離れて暮らさなければならない。
3ヶ月の別離は悲しかったが、今後のエドのためと思い、決断した。
1ヶ月ほど経ったある日のこと、以下引用。

---------
預けた店はガラス張りになっていて、車を降りた僕の目に小さなケイジの中に入っているエドの姿が見えた。
ドアを開けて店内に入っても、エドは気がつかない様子で蹲っていたが、僕と目が合った瞬間、彼は立ち上がり、呆然と僕を見つめたまま彼は失禁したのだった。
---------
(「編集者という病い」(集英社文庫)より)

結局見城氏は、2ヶ月を残し、愛犬を引き戻すことにした。
もちろん、料金は3ヶ月分だ。
これほどまでに自分を必要としてくれている存在に感動したのだ。

同じ出版界で働くもの、という程度にしか私と見城氏の共通点はなく、立場も能力も氏にはまったく及ぶものではないが、愛犬から受ける感動は負けないものを得られるかもしれない。
たかが、1泊2日の別離だけで、大げさにものごとを考えてみるのだった。

土曜の17時頃、保育園(シッスルドッグスクール)にハラマキとスクーターで迎えに行くと、少ししてスタッフによりウシが連れてこられた。
失禁とは言わないまでも、ひっくり返ってよだれでもだらだら流してくれたら、いつもとは違うさまで嬉しいなと思ったが・・・



まあ、当然といえば当然だが、いつものウシだった。
喜んでとびついてはきたが、そもそも妄想を抱く方がおかしいのだ。
失禁こそないが、われわれ飼い主の方が嬉しかったかもしれない。
前夜のウシのいない家は、とても寂しかったのだ。

見城氏の例をあげるまでもなく、「うれション」はままあることらしいが、そのためにウシと長期間離れ離れにならなければならないなら、失禁もうれションも(同じか?)いらないな。
(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?
スポンサーサイト

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ウシの弟、妹たち何処へ?

先日生まれたウシの弟、妹たち、続々と引き取り手が決まり、残りは妹一匹になったようだ。


(写真:ドッグスクール小野のサイトより)

自分でも飼いたかったが、ウシだけでこんなに手を焼いているのに、まさかその分身までというわけにはいくまい。

ウシのきょうだいの飼い主の皆様、もし、この記事を目にすることがあれば、ぜひ弟、妹たちの近況を教えてください。
よろしくお願いします。
(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

保育園に通う犬

ハンソデ&ハラマキ家は、ひとの子なし、イヌの子1匹の、2人&1匹家族だ。
ひと夫婦は共働きで、ハラマキが家を出るのが7時過ぎ、私ハンソデは8時半頃、どちらかの帰宅は早くて20時だ。
夫婦が働いている間、イヌの子ウシは毎日毎日長時間ポツンと留守番をしている。



私の趣味は買い物だ。
「買い物が趣味」と言い続けるためには、なにかモノを買い続けなければならない。
すなわち、カネがないと私の趣味は成立しない。
そのためにハラマキは専業主婦となることは許されず、ウシはポツンと留守番をしなければならない。

ハラマキが馬車馬のごとく働かされようと何とも思わないのだが、毎日毎日十数時間も一匹で過ごしているウシはかわいそうでならない。
仕事中ウシのことを考えると、なんとも不憫で涙が出そうだ。

そんなウシの退屈さを紛らわせるために考え出したこと、それが保育園入園だ。
ウシは大船にある「シッスルドッグスクール」に通う保育園児となった。
月謝は週の通園回数によって違い、週1回(月4回)だと21000円、週2回(月8回)だとその倍で42000円だ(週5回まである)。
さすがに毎月42000円はつらいので、試しに週1回で通わせることにした。
(続く)
(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

新築の家が破壊される・・・

我が家は、2008年1月入居、まだ新築と言うことが許されるほどの戸建住宅だ。
木材を多用した家で、床や柱やサッシはたいへん傷がつきやすい。
特に床や作り付けのテーブルは、杉のため柔らかく、入居した当初はコップの置き方にも気を遣ったくらいだ。

ウシは家ではサークルの中に入れておく算段だったが、そんな甘い目論見はまったく無理。ギャンギャン吠えてとても狭いところに閉じ込めておくわけにはいかないので、放し飼いとなっている。
結果は火をみるより明らか、ひっかく、かじるで傷だらけ。
無垢材のフローリングがみるも無残な状態に・・・

床
写真で受ける印象以上に実物はもっとひどい状態。
傷は床一面に及ぶ。


階段
かじられた階段

傷についてはもう諦めてしまっているのだが、でも、床をみるたびに床から心に傷が広がっていることに気づく・・・



「手袋・足袋・さるぐつわをしてもらっていいでしょうか?」
(ハンソデ)


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

暴風の昭和記念公園に小うるさい犬がうじゃうじゃと・・・

「関東うじゃっく祭り ~春の陣~」に参加してきました。
3幹事の皆様、スペシャルゲストのお二方、
ウシと遊んで下さったたくさんのお友達。
本当にありがとうございました。


写真では全然納まりきれていませんが、実際は30匹くらいのジャックラッセルテリアが参加しました。

飼い主は写真が苦手な上に、
誰かのボールを奪ってひたすら一人旅にでるウシを
追い掛け回すことに終始したため、
むしろほかの参加者の方々のUPを楽しみにしております。

私ハラマキの見切り発車から参加表明(仮)をし、
ハンソデ(夫)を説得しての参加でした。
行ってよかった・・・。
まだまだ修行の足りないウシですが、皆様どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

ハンソデ(夫)はラーメンマニアの血が騒ぎ、
公園近くのラーメン屋をちゃっかりチェックして
一人ラーメン食べて、こちらもご満悦です。

ま、家族そろって楽しんだので・・・。
また参加します!

春の陣 ツワモノどもに チラリ参加
(ハラマキ)


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

続きを読む

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

バイクに乗る犬~鎌倉海岸への道程~

由比ガ浜、材木座海岸はウシの絶好の遊び場、特に広い場所でのボール遊びはここでしかすることができない。
一番のお気に入りの湘南ドッグパーク@茅ヶ崎は、おもちゃの使用が禁止されているのだ。

2008年の1月までは海へ徒歩10分のところに住んでいたが、今の家からは歩くと40分はかかるだろう。
海で費やす体力を考えると、とても徒歩では行く気になれない。
そこで登場するのがバイク(スクーター)だ。
車の方がウシには快適だろうが、バイクは時間がかからないし、駐輪は無料だ。

ウシをバイクに乗せるには、まずウシをカバンに押し込む。



ちょっと前までは、こんな窮屈なところに閉じ込められるのはたまらん、と嫌がったが、最近はこれを我慢すれば海で遊べることがわかっているのか、あるいは抵抗しても無駄だという諦めか、すんなりとカバンに収まってくれる。
これをスクーターの床板の上に置き、出発だ。



バイクは、125ccの台湾製激安スクーター。
2人乗りが可能なので、ついでにハラマキまで乗せてしまう。

海についてカバンを開けると、待ってましたとばかりにいきおいよく飛び出してくるウシ。
見境なしに拾い食いをし、大好きな子どもに吠えまくり、ボール遊びでまたギャンギャン吠えまくり、大量に砂を飲み込んで、海を堪能して再びバイクで家に帰る。
そして翌日砂混じりというか砂の糞をして、話は昔の記事に戻るのだった。



(ハンソデ)


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ハンソデの願望、ハラマキの苦悩(続編)

私もウシやウシのお友達が元気に整った庭を駆け回り、
飼い主同士はその光景を見ながら優雅にティータイム・・・
なんて夢のようなひと時を思い描かないわけではない。

しかし、現実はそう簡単にはいかない。

このブログでも何度も紹介しているように
ウシは遊んでほしいとなるとギャンギャン吠えるし、
食糞癖があるので猫がしょっちゅう出入りしている我が家の庭は
ウシには魅力的?なのだろうが、危険な落し物がいっぱい。

そんな周囲への迷惑と
ウシ自身の健康被害があるとすれば
とてもウシやそのお友達を放すことなんてできないのだ。

いや、そもそも誰がその芝生をまた植えるのか?
誰がその手入れをするのか?
っていうか、綺麗な芝生の庭なんてできるのか?
まったく根本的な問題は解決していない。


ひとり、芝生張りに精を出すハラマキ。
(ビールを飲みながらハンソデ撮影)


ウシが喜ぶ姿ばかりを想像する(たぶん)
ハンソデの庭の総芝生化願望は募るばかりで、
現実を見据えたゆるぎない結論を持ちながらも
やっぱりウシの喜ぶ姿が見てみたいなどと
お気楽な夢想の狭間で苦悩するハラマキ。


北側の庭に試しに植えた芝生。何も手入れしていないので、枯葉と雑草に覆われ、どこが芝生だかわからない。緑の部分は芝ではなくすべて雑草。
西側の庭も同様。


そんな園芸素人・ズボラ夫婦のムチャな挑戦をお伝えする日がくるのだろうか。
庭に置くのだ!!とハンソデが衝動買いしたブランコとか、
アウトドア派でもなんでもないのに、なぜかあるアウトドアグッズとか
無駄なものばかりが我が家にはあることも付け加える。

庭のこと 考える前に 家の掃除!!!

(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ハンソデの願望、ハラマキの苦悩

DSCF0037_convert_20090319004658.jpg
いつもの散歩だけでは飼い犬のエネルギーがまだ有り余っているとき
各ご家庭ではどんな方法を用いて犬達のエネルギー消耗を促しているのだろうか。

もし、家に犬達も飼い主も安心して走り回れるような空間があったなら・・・
(たとえばドッグカフェやショップに併設されているような、
広くはないが遊ぶには十分なランのような)
と誰もが一度は思ったことがあるに違いない。

我が家には限られた家の短い廊下をウシがボールをもって行ったり来たりするよりは
ちょっとはマシ・・・と思えるほどの土地が住居脇にある。
普通なら家を建築すると同時に庭もきれいに整えるのであろうが、
諸般の事情から我が家の場合はほったらかしのままだ。

昨年、ハンソデがそのほったらかし部分を綺麗な芝生の庭にするとのたまって
ホームセンターで芝生や土をせっせと買い込んできた。
しかし、元来ハンソデは体を動かすのが大の苦手でまったく体力なしときている。
「芝生を植える!」と意気込んで作業を始めてヘバルまでに10分と持たなかった。

結局、何事につけても腰は重いが体力だけはある私がやらされる羽目に。
ハンソデは縁側でビールなど飲みつつ、私に指示を出すという
なんとも納得のいかない週末を過ごしたものだ。

園芸が趣味なわけでもなく、大体大雑把な素人夫婦がやること。
ハンソデが夢見た綺麗な芝生の庭はちっとも姿を現さず、
ただのほったらかしの土地がいまもそこにある。

今年もホームセンターに芝生が並ぶ季節がやってきた。
週末、ホームセンターのチラシを広げるハンソデの目に、
ウシが芝生の上を喜んで走り回る姿が浮かんでいるように思えてならない。
(つづく)

(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ウシのきょうだいが生まれました!

ウシは、福岡県福岡市のドッグスクール小野で生まれた。
犬を飼ったことのなかった私は、犬が家に来るまでの方法も知らず、「貨物として空輸」と聞いたときはさぞ驚いたものだ。
ドッグスクールのひとが遠路はるばる連れてきてくれるか、われわれが福岡くんだりまで行かなければならないのかと思っていた。
生まれたばかりの子犬の空輸については議論もあろうが、ここでは触れずにおく。

ドッグスクール小野であるが、ウシを買う前の習慣が抜けず、また興味もあり、サイトを定期的に訪問している。
実はこの記事は書くつもりなどなかったのだが、ドッグスクール小野のサイトで見つけてしまって、ついうれしくなり筆をとった。

ウシの実の父母から、ウシのきょうだい達が生まれました!


(写真:ドッグスクール小野のサイトより)

やっぱり犬じゃなくて牛だよ。
特にJRT3は、ウシ以上に牛だ。
いいなあ、欲しいなあ・・・

>ジャックラッセルテリアを飼うことを検討している皆様

この犬、問題行動を数々引き起こすでしょうが(われわれの躾の悪さはさておき)、毎日楽しい生活がおくれます。
苦労は買ってでもしろと言います(「若いときの」省略)。
ぜひ私たちの思いを共有しましょう。
購入したらぜひご連絡ください。
将来のきょうだいの対面を心より期待しています。
(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

食糞無策

人生41年にして犬を初めて飼い、その犬の起こす行動に戸惑う日々が続くのだが、中でも一番驚いたのは「食糞」だ。

なして糞など食らうのか?

今したばかりの自分の糞、
ドッグランでの他の犬の糞、
道端に落ちている人だか犬だか猫だか、はたまた鎌倉だからアライグマだがハクビシンだか、何者とも得体の知れない動物の糞・・・

ドッグランで自分の犬のした糞をぐずぐずなかなか拾わない飼い主がいると、イライラ、ハラハラ、「早く拾ってくれよ!」と心で叫ぶ。

こう糞ばかり食していると、ドッグフードよりも糞の方が好きなのではないかと勘繰ってしまう・・・

無駄吠えとともに、この習慣だけはやめさせたい。
でもそれは、成長とともに自然とやめるということを除けば、無理な話。
だって、飼い主がやめさせようという努力をしていないから。

糞を食うやつなどアホすぎて知ったことではないのだが、ここは人間と違うところと思うしかない。
本気でやめさせるよう努力をしなければなりませんね。



(ハンソデ)


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ハンソデVSハラマキ

元来何事においても負けず嫌いのハンソデと
ほかのことは諦めても、運動音痴のハンソデに
運動では絶対に負けたくない私。

これまで数々の名勝負?!を繰り広げてきた。

歩くのは異様に速いハンソデだが、
走るとなると体力がないのに加えて上にぴょこぴょこ跳ぶので
前への推進力が得られず、まったくもって鈍足。
ウシが鈍足なのはハンソデ似だと、密かに苦々しく思っている私だが、
ハンソデが鈍足なので鎌倉のハイキングコースやイベントウオーキング参加では
ことごとく先にゴールするという勝利の美酒を味わってきた。

前置きが長くなってしまったが、
こんな調子でいつも勝敗を気にするハンソデ・ハラマキ。
ウシが家族に加わってからというもの、
ウシがどちらをより好きかということに互いに熱いものを燃やしている。

これまでの経過は、

散歩拒否率:ハンソデと一緒 100%
        ハラマキと一緒   0%

ボールで遊ぼう!誘い率:ハンソデ 30%
                ハラマキ 70%

寝るときくっつき率:ハンソデ 85%
            ハラマキ 15%

名前読んだら振り向き率:ハンソデ 20%
                ハラマキ 80% 

馬鹿馬鹿しいとお思いだろうが、本人達は意外と本気である。

ウシがいて 我が家の明日は 完成す
(ハラマキ)

DSCF0165_convert_20090312233747.jpg




にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

続きを読む

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

勇猛果敢さゆえの惨劇~ジャックラッセルテリア・ジョージの死~

ちょっと古いネタで、わりとよく知られたニュースのようですが、最近知ったので紹介を。
正義感があり、かつ勇猛果敢であったために、悲劇の死を遂げるジャックラッセルテリアのお話です。

George the Jack Russell dies saving kids

高校の卒業試験で英語が0点だった私に正確な和訳などできませんが、後日談も含めると、要は以下のような内容です。

-------------
ニュージーランドにて、幼い子どもたちが2匹のピットブル(ブルドッグに似た闘犬)に襲われていた。
その様子をみた、ジャックラッセルテリアのジョージは、凶暴なピットブルに闘いを挑み、子どもたちを危険な犬から逃がすことに成功した。
しかし、子どもたちの身代わりになったジョージは、瀕死の重傷を負い、救い出されたときには手遅れで、安楽死させられることになった。
2匹のピットブルも安楽死させられた。

このジョージの行為に対して、動物愛護協会から勲章が贈られた。

ジョージ
「ジョージ」
(写真は、smh.com.auより引用)
-------------

ジョージの勇敢な行動は賞賛されるべきですが、ピットブルは、つながれていたものを襲われた子どもたちが放したということです。
この事件はまったくもって人災と言うしかなく、犠牲になった3匹の犬を気の毒に思うばかりです。
私も、「ドーベルマンと闘うところがみたい」などと、のんきな記事をアップしている場合ではないと少々反省しました。
(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ドーベルマンと闘えるか

ジャックラッセルテリアを飼うことを決めて以来、史嶋桂さんのブログ「ジャックラッセルテリア飼育奮闘記」を楽しく読ませていただいている。

その中に、史嶋さんの飼い犬「マイロ」が体重8倍差のドーベルマンとおもちゃを奪い合う記事がある。
この記事を読んだのは、ウシが生後まもなく、まだ散歩にも連れ出せない頃であったが、ジャックラッセルテリアという犬種はなんと勇敢(無謀とも)なのかと感銘を受け、ウシもいずれマイロのように闘う姿をみせてくれるものと思っていた。

今のところ残念ながらドーベルマンに出くわす機会はないのだが、自分よりはるかに大きな犬にも臆さず挑んでいくところをみると、ドーベルマンと争える素養は大いにありそうだ。

ushi5

一方で、自分とさほど変わらない大きさ、しかも人からみるとたいして強そうでもない犬に対し、腹をみせてしまう態度をみると、そんな期待もすぐに揺らいでしまう。
(危険を察知したら、怪我をする前にさっさと腹をみせたほうが賢い、とも言えるのだが・・・)

犬になにを期待しているのか、と言われそうだが、ウシも私の分身のようなもの。
他の犬にへこへこせずに、毅然とフレンドリーに接してほしいのだ。(おそらく表現としてはおかしい)
(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ハラマキのススメ

私がハラマキたる所以は、年中ハラマキを巻いているから。
春夏秋冬ほぼ、365日、24時間。
春夏用と秋冬用は当然といえば当然だが、生地が違うものを着用している。
自分自身ではそんなに寒がりではないと思っていたのだが、
世間の評価はそうではなかった。
私は無類の寒がり・・・なのだそうだ。

私のことはどうでもいいが、
ウシも寒がりなのではないかとよく思う。
本にはジャックラッセルテリアは暑さには弱いが寒さには強いと書いてあるにもかかわらず。
外にでるとブルブル震えることがあるし、
居間で寝るのは必ずコタツの中。
これはウシがまだ幼いからなのだろうか?

もし、本当にウシが寒がりなのだとしたら、
これから本格的な春を迎えるのは願ってもないことなのかもしれない。
でも、ジャックラッセルテリア本来の暑さに弱い特性も持ち合わせるのだとしたら
ウシにとって一番好ましい季節は一体いつなのだろうか?

寒いなら ハラマキ巻けば? ウシ君よ
(ハラマキ)

DSCF0262_convert_20090307145312.jpg
(注)写真は記事とは関係ありません



追記:ハンソデがなぜハンソデなのか・・・・記すまでもない。



にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

続きを読む

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

散歩嫌いなジャックラッセルテリア

DSCF0017_convert_20090306000419.jpg

ウシは基本的に散歩が嫌いなようだ。
朝晩飼い主が用意を整えて玄関で呼んでも玄関からずいぶん離れたところにいて
こちらをジッと見つめていたりするし、リードやカラーを持って近づけば逃げ回る。
玄関さえ出てしまえばスタスタ歩き始めるのだが、出る前は必ずといっていいほどこんな感じ。

今のままでもそれほど問題はないが、毎日のことなのでウシが喜んで散歩するようになれば
それにこしたことはない。

飼い主はウシとの散歩のお陰で美しい朝焼けを見ることができるようになり、
まだ頬に冷たくシンと静まった朝の空気に水仙や沈丁花の薫りがただよう中を歩くのは
人間の精神衛生上とてもよいように思えるし、何より健康的である。
さらにウシは散歩の総仕上げに30mほどの猛ダッシュを用意する手の込みようだから
飼い主孝行犬とも言うべきか。

平日はともに過ごす時間が少ない分、
飼い主の方がむしろ散歩にいささかテンションがあがっているから
ウシがいくぶん冷ややかなのだろうか。

颯爽と 駆け抜けるウシ 早春の朝
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

続きを読む

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

退化するウシ~ドッグランでうまく遊べない~(後編)

大きな危機というのは、他の犬の飼い主がウシを「危険な犬」とみなし、ウシとからむことを嫌がることだ。
ウシは、相手が遊んでくれなかったり、走るのについていけないと、ギャンギャン吠えまくる。
これは、ドッグランに通い始めた頃にはなかったことで、日に日にひどくなっている。
ウシが吠えることにナーバスになっている私にとっては、ドッグランにいる間中、常に吠え続けているようにみえる。

ただただ吠えているだけで、噛み付いて相手に危害を加えるようなことはないのだが、それは我々のみにしか理解できないことで、他の犬の飼い主には通用しない。
危険な犬、凶暴な犬としかうつらない。
ふだんと何も変わりのない目を、「血走っている」と言わせてしまうのだ。

ギャンギャン吠えまくっている何をするかわからない犬から自分の犬を引き離すのは、飼い主としては当然の行動だ。
そして、そんなウシを他の犬から遠ざけるのは我々の義務だ。
相手にしてもらえないのは、ウシ、それ以上にうまくしつけのできない私とハラマキが悪いのだ。

でも、どうすれば吠えるのをやめさせられるのか。
しつけの本やら、他人からのアドバイスはあるものの、まったくもって効果なし・・・
完全にお手上げの状態だ。

平日は毎日毎日13時間も1匹で寂しくポツンと留守番するウシ。
そのウシの唯一と言ってもいい楽しみを、われわれは奪わざるを得ない状況になりつつある。

飼い主が無力でごめんよ、ウシ・・・



(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

退化するウシ~ドッグランでうまく遊べない~(前編)

2回目のドッグラン

飼い主がみるに、ウシの数少ない楽しみの一つが、ドッグランで他のイヌと遊ぶことだ。
ウシの喜ぶ姿をみたいがために、週末の少なくない時間を費やし、鎌倉の我が家から茅ヶ崎のドッグランまで20Kmの道のりを足しげく通う。

そんなウシのドッグラン生活が、大きな危機を迎えている・・・

ウシが生後1ヵ月半で私たちのもとに来て以来、早く人間や他の犬に慣れるよう心がけてきた。
3ヵ月で2回目のワクチンを接種すると、すぐに散歩デビュー。
4ヵ月で狂犬病の予防注射を済ませると、下準備万端でドッグランへ。
2008年11月末のことだ。

初めてのドッグランも、2回目のドッグランも、・・・、15回目のドッグランも楽しく遊ぶことができた。
しかし、ここ数回のドッグランでは、少々様子が違う。
ウシが楽しいのは変わりなさそうだが、まわりがそうではなくなってきているのだ・・・(続く)
(ハンソデ)






にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
AD
Facebook
おすすめ記事
著者(ハンソデ)がみずから選ぶお気に入りの記事リスト
プロフィール(犬)

ウシ 2008年8月3日、福岡生まれ、オス

ハンソデ&ハラマキ

プロフィール(人間)
著者:ハンソデ(夫)、ハラマキ(妻)

ハンソデ&ハラマキ

AD
検索フォーム
RSS
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
アクセス数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。