スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

あいつは必ずやってくる~ボールとともに~

前回「あほうとウシの関東うじゃっく祭り」というタイトルでUPをした。
たった数枚しか撮れなかった写真を使って、なんとかうじゃっく祭りの記事をもう1本書こうと考え、半分居眠りしながらうじゃっく当日にUPをしたのだ。
タイトルだってそのもう1本への伏線のつもりだった。
・・・・なのに。
人見知りで、長い運転が嫌い、うじゃっく会場近辺にラーメン屋もないと聞き、
早々にうじゃっく参加をあきらめたハンソデが私とウシが撃沈した後、
当日UP分にさらっと続きを書いて、ネタばらし。
まるで意思の疎通ができない夫婦だと公表したようなもんだし、続きの展開ができなくなった。
どあほうめ!

・・・気をとりなおして(仕方がないので予定を変更して)
ウシのうじゃっく祭りをご報告します。
しつこくいいますが、私はほとんど写真を撮れないので、
詳しいうじゃっく祭りの様子はどうぞほかの参加者様のブログでお楽しみください。

DSCF0574.jpg
↑の理由からハンソデがうじゃっく不参加となったため、私は悩んだ。
うじゃっくにはなんとしても参加したい。
だけど、私は地図が読めない。我が家の車にはナビなど搭載されてない。
だったら電車組・・・とも考えたが、
いずれは公共交通機関でウシと移動はしたいと思ってはいても、
いきなり2時間越えの移動にウシと私が耐えられるかかなり不安だった。
で結局。ご覧の通りレンタカー
ウシのうじゃっく参加のためだけに、レント・ア・カー。
これなら、ナビもETCもついて安心だ!なんてアホとしかいいようがない・・・と思う。

DSCF0575.jpg
そんな飼い主のアホさを知らないウシを乗っけて、いざ出発!
長いドライブを大阪から朝イチで帰ってきてうじゃっく参加する猛者くるりん♪しっぽのるぅ君&ふっちぃさんにお付き合いいただいた。

ウシの中の「ジャックメーター」が振り切れる時、
それが「うじゃっく」。
ボール命クラブ隊長BてんBてん、どこへ行くのB.B.君みたいに上手にボール命ができればいいのにウシのボール命度はうじゃっくに参加すると制御不能。
会場でリードから離したとたん、もう飼い主のところには戻ってきません。
DSCF0577.jpg

DSCF0581.jpg

DSCF0580.jpg
ウシを見失うこと数十回、ウシはどこだ???と飼い主がキョロキョロ、オロオロしていても
どこからともなくボールとともに現れるウシ。

走っている姿を撮ろうと思えば・・・・
DSCF0576.jpg
こういうことになる。

会場を何十回もノンストップで走り回り続け、
そのところどころでボールを替え、参加者様に投げていただき・・・・を繰り返す。
しばらくすると、うじゃっく幹事であり、女帝の「まめ姐さん」が
まめぱぱ様と隣のエリアを独占状態でらいおん狩りに興じておられた。
そのらいおんに制御不能のボール命犬ウシが熱視線。

DSCF0578.jpg
あ!そこに、ボール、あるね!
それ、ちょうだい!ちょうだいよ!
ねぇ、ねぇ、ねぇってば!
おい!くれ!
ボールくれーーーーーーーーーー!


・・・・ありえない。
そのらいおんボールだけはほしがるなと何度もいいきかせ、
ほかのボールでつってみてももう興味は示さず、
別の場所へ無理やりつれていっても猛ダッシュで戻ってくる。
しまいにはネットを突破すべく体当たりを繰り返す騒ぎ。
結局、今回もまめまま様、まめぱぱ様にお相手していただいてしまった。
このどあほう犬め。

ガウガウにはまったく無縁で
ただただひたすらボールを追い、ボールと走り続けた
ウシの「関東うじゃっく祭り 卯月の乱」
撮った写真のすべてを放出し、終了でございます。
自分のボールもあるのに他の方のボールばかりほしがり、
無礼にも「ボールを投げろ」と吠えかかり、
私の知らないところで参加者様にはたくさんウシがご迷惑をかけたことと思います。
ありがとうございました。こんなウシですがどうぞよろしくお願いいたします。

ボールが命 そんなウシが 私の命

不参加だったハンソデは当日ウシを乗せるために
小型船舶免許の講習を受けに行き、
私はウシのためにレンタカーをしてうじゃっくに参加。
我が家の家計におけるウシ係数はどんどん高くなる気配です。
(ハラマキ)



にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?
スポンサーサイト

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

あほうとウシの関東うじゃっく祭り

本日4/26、まめままさん、ムギパパさん、kurigeさん主催の「関東うじゃっく祭り 卯月の乱 in すいらんグリーンパーク」に参加してきました。参加頭数40以上という大規模うじゃっくにウシは大興奮、終始アドレナリン放出しまくりでした。

前回の関東うじゃっく祭り同様、相変わらずのウシの暴走にどあほう(=ハラマキ)のカメラワークが追いつくはずもなく、まったく写真が撮れませんでした。

しかし、このうじゃっく参加に掛ける思いを公表すべく、
次回、詳しい内容はお届けすることにして、
本日はこの場をかりて?御礼申し上げます。

3幹事の皆様。
会場のお手配から運営、片付けにいたるまで本当にお世話になりました。
おかげさまで本当に楽しい一日を過ごすことができました。

まめまま&まめぱぱ様
無礼にもウシが今回もまた、お世話になりました。
まめさまにお許しを請いたく、なにとぞお口添えをお願いいたします。

ムギパパ様
ぶしつけにもウシが「ボールを投げろ」と吠えましたこと、
まことに申し訳ございませんでした。
今後は「ボールを投げてください」と言うよう、しつけてまいりたいと思います。

kurige様
写真を撮ってくださろうとしていただいているのに、
ウシがまったく止まることを知らず、ご迷惑をおかけしました。
次回までにはどあほう(=ハラマキ)がもっと走りこみをして、ウシを捕まえてご覧に入れます。

mayu様
受付の際、ウシをお預かりいただきましてまことにありがとうございました。
mayu様のさりげないお心遣い、どあほう(=ハラマキ)が見習いたいと
心のそこから思っております。

うずまきファミリー様
ナナラちゃんに再会できたこと、とてもうれしかったです。
亜蹴君とレイナちゃんも、かわいかったー。
お昼の際、ウシを預かっていただいたこと、本当にありがとうございました。
お茶までいれていただいて・・・感謝感激です。
これからもぜひぜひ仲良くしてください。

レキママ様
いつもお声かけをしていただき、ありがとうございます。
次回はレキ君と「どちらの吠え数がより少ないか」対決をしたいと
思っております(絶対数えられません)ので、
またよろしくおねがいいたします。

最後に。
ふっちぃ様
お疲れのところお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
どあほう(=ハラマキ)の運転にハラハラ、イライラされたことでしょう。
申し訳ありませんでした。
ウシの面倒も見ていただいて・・・ありがとうございました。

この場ではご挨拶しておりませんが、
多くの参加者、参加ワンさんにとってもお世話になりました。
ブログを開設しておられる方々にはご訪問をさせていただきます。

皆さんありがとうございました。
またお会いできるのを楽しみにしております。

DSCF0578.jpg
ウシは一体何をしているところでしょうか?答えは次回!

祭りの後 静かな眠り 余韻に浸る

ウシはぐっすり眠っています。
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

続きを読む

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ウシの記憶(1)

人間の記憶にはワーキングメモリ、短期記憶、長期記憶というものがあるらしい。
その3つを使い分けながら、人間は脳を働かせて記憶というものを行うということだ。

犬の記憶はどうなのだろうか。
何を頼りに、どうやって記憶するのだろうか。

ウシの朝は早い。
飼い主が仕事に出かける前に朝の散歩を済ませなければならないため、
冬はまだ夜も明けぬうちから散歩することになる。
そんな冬の朝散歩ではなかなかお友達に会うことはかなわなかったが、
最近は同じ時間でも日は昇り、まだ空気が冷たくシンと静まった朝の鎌倉は
愛犬と散歩する人も多く、ウシにもおなじみさんができるようになった。

犬種に限らず、その体格にも限らず、
どんなワンさんにも喜んで挨拶したがるウシ。
できることなら一緒に遊んでもらいたいという気持ちがあからさまで
ワンさんを見つけるや否や、どんどん近づきたがる。
相手がどんな犬なのか、また飼い主さんがどういう方なのか
まったくわからないところに、ぶしつけにウシを近づけることなどできるわけもないので
私は歩調を少し速める程度にウシを制御しつつ進む。

「おはようございます」まずは私自身が挨拶をする。
挨拶が返ってくれば、第一段階はクリア。
飼い主さんが鼻息荒いウシをどんなまなざしで見ているか
つぶさに観察する。
と同時に相手のワンさんの反応も見てみる。
相手から寄ってきてくれれば、ウシはもう大歓迎。
ドッグランでは遊んでほしくて吠えまくるウシも
散歩中に人や犬に向かって吠えることはまったくと言っていいほどないので
気が済むまで挨拶させてやることにしている。
でも、多くは鼻息荒いウシはあまり相手にしてもらえないのだが。

DSCF0560.jpg
ご近所さんのバンク君。ウシよりも早く散歩に出ているようだが、飼い主さん共々ウシを待っていてくれたりする。

バンク君と飼い主さんはウシをとてもかわいがってくれていて、
毎朝散歩しながらウシが出てくるのを待ってくれている節がある。
以前はそんなことはなかったが、バンク君とお知り合いになってから
ウシはその日バンク君が待っているかどうかも分からないのに、
家の玄関をでるやいなや、まだ姿もみえないバンク君めがけてまっしぐら。
バンク君がいてくれれば大喜びのおなかみせ。
いつまでもそうやっているので、出勤時間の迫りくる飼い主は
仕方なく無理やりウシを散歩へと引き戻すことになる。


562.jpg
Gレト・タロウ君のお父さんはいつもウシにおやつをくれる。タロウ君は鼻息荒いウシがいささか苦手らしい。

バンク君と別れた後のウシは玄関→バンク君へのダッシュは嘘のように、テクテク歩き。
タロウ君を見つけてもダッシュしたりはしない。
タロウ君がウシを苦手としていることを知っているのか、
タロウ君への挨拶はそこそこに、タロウ君のお父さんにおねだり攻撃。
ウシがおやつをいただくので、タロウ君もおやつタイムになってしまう。

人間の私にはいるともいないとも分からないバンク君めがけて走るウシ。
バンク君の臭いでも覚えているのだろうか?
それとも、バンク君と挨拶する場所を覚えているのだろうか?
人間も大好きだけれど、ワンさんの方がもっと好きなはずなのに
タロウ君への挨拶はおろそかなウシ。
タロウ君がウシのことを苦手としていることを覚えているのだろうか?
タロウ君のお父さんがおやつがくれることをなぜ覚えているのか?

記憶・・・
なのかどうかは分からないけど、犬って本当に興味深い動物です。
飼い主としては、
もっと覚えてほしいことあるんですけどね。

トイレはね そこじゃないです 覚えてよ
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ドーベルマンとの長い闘い・序章

4月16日の保育園の連絡帳に、重大な報告がさらっと書いてあった。
私の知らないところで、ついにドーベルマンとウシがあいまみえることになったのだ。
(※参照 「ドーベルマンと闘えるか」)

さらっと書いてるので、その結果を知るのに5秒もいらない。
巨大なドーベルマンに臆すことなく、果敢に挑む姿を期待したが・・・



「ドーベルマンはおじいちゃんなので、口をパクパクと、孫をかわいがるような感じでした。とても楽しそうでした」(by シッスルドッグスクール・トレーナー)

なんと、期待とはまったく異なる結果だが、これはこれでその様子をみたかったぞ!

まあ緒戦はこんなもんでもいいさ、次のドーベルマンはこれほど甘くないぞ、ウシ!
(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

続きを読む

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ウシ、ハイキングへ行く(2)

観光地鎌倉を訪れる方の中に、どれくらいハイキングコースを歩く人がいるのだろう?
険しすぎる山道でもないから年齢に関係なく、山道初心者であっても全然問題なし。
ハイキングのついでに寺めぐりだってできるのだから、オススメです。

一般道から山道に入って変身した弾丸ウシ。
とにかくどんどん登っていく。
多くはないけれど、ハイキングを楽しんでいるほかの方々に迷惑をかけるんじゃないか
カーブがあって私が見えなくなってもお構いなしで、リードは石や木にこすれて切れるんじゃないか
などいろいろ心配しながら私も必死の形相で登る。
DSCF0546.jpg

花なんか愛でている場合ではないのだ!
DSCF0543.jpg

野生の勘なのだろうか、ウシは進むべき道を迷ったり、悩んだりする気配はまったくない。
道がたとえ二手に分かれていたとしても、瞬時に判断するのか
おそらく自分が登りやすい方を選んでいるような気がした。
DSCF0547.jpg

途中でとにかく一旦ウシを捕まえて、水分補給。
おいしそうにグビグビいく。
DSCF0551.jpg

頂上を越え、下りに差し掛かるとさらにリードさばきは難しさを増した。
ウシは登り同様どんどん下っていく。
リードがいっぱいになっても段差をひょいと降りようとするから
首が引っ張られる。
人間の私にとっては登りより下りの方がはるかに難しいのでなおさらだ。
ウシにも少し疲れがみえてきたので、「待て」というと
少しはとまってくれたので助かった。

あっという間に瑞泉寺(ずいせんじ)に到着。
DSCF0554.jpg

cobocoboという自然酵母のおいしいパン屋さんを横目に見つつ
(ウシがいるので残念ながら買えなかった。人気もあるし、大量生産してないので昼ごろに開店して数時間でなくなってしまうパンもあるよう。とてもおいしいです)自宅へ。
2時間くらいの初ハイキングだった。

次は建長寺まで行ってみようか、弾丸ウシ!
DSCF0545.jpg

家事のこと 思い出さずに 夜がきた
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

続きを読む

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ウシ、ハイキングへ行く(1)

土曜日は湘南ドッグパークでりふぉん君やキャメルちゃんにたっぷり遊んでもらったウシ。
夜はいい夢みながらぐっすり寝た様子。
DSCF0515_convert_20090419170543.jpg
りふぉん君とキャメルちゃんのラブラブモードに割り込もうとする無粋なウシ

日曜日はハンソデがラーメン仲間と文字通りラーメンを食べにでかけたため、
ウシはハラマキこと私と一匹と一人鎌倉に居残り。

私はとくにきれい好きでもないし、整理整頓が上手な方では決してないので、
平日はサボりがちな家事を土日で取り戻さなければ、
家の中は大変なことになっているのが日常である。
昨日はたくさん遊んでまた家のことサボっちゃったし、
今日はさすがに・・・・と思っていたのだけれど、
天気はいいけど暑すぎないし、明日からまたウシは長い留守番をさせられるのだ・・と思うと
どこかに遊びに行きますか!と即決してしまった。

で、どこに行こうかと考えて。
いつもの海岸へボール遊びに出かけるのもいいけれど、
今日はなんだか山って感じ?と根拠なしの発想で、
鎌倉のハイキングコースをウシと歩いてみることに。

ハンソデにはまだ黙っているけれど、
これからウシとたくさん遊びに行こうと思ってカバンも買ったしね!
と妙にテンションもあがる。
DSCF0557.jpg
マザーズバッグとして売られていたもの。色がきれいだったし、重さを分散する構造になっていて一点に負荷が集中しないと謳われていた。実際負荷を感じないかというとそうでもない。ただ、リュックと違ってナナメがけなので肩にかけたまま荷物が取り出せるのはいいと思った。

新しいバッグに荷物を詰め込んで、
いざ出発!
DSCF0530.jpg
自宅からのんびり歩いて20分、鎌倉宮から覚園寺(かくおんじ)へ向かう途中で
天園ハイキングコースに入る。

朝5時半には起きて、朝散歩を済ませた後、うつらうつらしていたところを
テンション上がり気味の私にたたき起こされ散歩に出たウシは
ハイキングコースに入るまでの一般道はあまり興味なさげに
ダラダラ歩いた。
ところが・・・。
ハイキングコースに入って足元が土に変わるや否やその態度は急変。
伸縮リードをいっぱいに引き伸ばして弾丸のごとく走りだした。
DSCF0531.jpg

ハイキングコースとは言え、山道。
弾丸ウシに私がついていけるはずもなく、
訓練のくの字もないウシを止めることもできないままに
一匹と一人のハイキングは始まった。

ハイキング そこのけそこのけ おウシが通る

平日はUPが滞るため、たいした出来事でもないのに
分割掲載いたします。つづく
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

ウシとボール(2)

いまだいろんなことで飼い主を悩ませるウシ。
ボール命犬ならボールがあれば一人で遊んでくれるのかといえば
そうは問屋が卸さない。

ウシのボール遊びの中で今いちばん熱いもの。
それが「階段落とし」

我が家はリビングが2階にあるので
帰宅すると1階のゲージ内で留守番していたウシともども
就寝までの時間を2階で過ごすことになる。
夜の散歩も食事も終えれば、ウシのボール遊びタイム。
相変わらず要求吠えが治まらないウシは
「ボールを投げろ!」「もっと遊んでくれ!」と大騒ぎだ。
そんなボール遊び→要求吠えの中でもっとも悩ましいのが、
先に挙げた「階段落とし」
読んで字のごとく、リビングから階段へつながる戸が開いていると
ウシはボールをすかさず階段へ運んでボールを階下へ落とす。
DSCF0516.jpg

ウシは家の階段は上り下りできないので
落としたボールほしさに要求吠え。
家人の誰かが取りに行くまで吠え続ける。

DSCF0520_convert_20090419164325.jpg

階段へつながる扉を開けなければいいのだが、
よく使う扉なので、ついうっかり・・・ということがよくあるし、
隙あらばいつでも落としてやろうとウシも虎視眈々と狙っている感がある。

ウシが来て、ずいぶん階段の上り下りが多くなった気がする飼い主である。

取りに行け 自分で落とした ボールなら
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ウシとボール(1)

多くのJRTがそうであるように、
ウシもボール命犬である。

少し前までは私たちが帰宅してゲージの扉を開けると
あふれんばかりの勢いで私たちに突進してきたものだ。

ところがこのところ少しウシのお迎えに変化が現れてきた。
ゲージの扉を開けるまでは変わらないのだが、
扉を開けたとたん、いくらボール命犬とはいえ、
普通は飼い主へ直行!でしょう・・・・。

ボール命犬ウシはそこいらのボール命度とはちょっと違う。
とりあえず、飼い主の方面には向かってくるものの
ハンソデが出社の際にウシのゲージ内に残して行った
ボールめがけて大逆走。

DSCF0262_convert_20090418165319.jpg

・・・・・ウシ、そりゃないよ。

ボールより 格は下かと ウシに問う
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ドッグランあれこれ~逗子市第一運動公園~

ウシのオアシス、ドッグラン、一番多く利用しているのは茅ヶ崎の「湘南ドッグパーク」だが、その他にも少ないながらある。
その中のいくつかを紹介したい。

まずは、逗子市第一運動公園内にある「犬の広場」だ。

このドッグランは、私の家から一番近く、距離にすると「湘南ドッグパーク」のわずか3分の1。
利用登録が必要なので、実際に使えるまで時間がかかったのだが、大いに期待する場所であった。



ドッグラン(「犬の広場」)は、第一運動公園内にあり、公営なので利用料無料。
面積はわからないもののさほど大きくなく細長い形状。
水道はなかったような記憶が・・・
小型犬と大型犬とでは利用できる日がわけてあり、小型犬は偶数日、大型犬は奇数日である。
利用登録方法は上のリンクをご参照いただきたいが、実際に逗子市役所に出向く必要があるのが面倒だ。
駐車場は第一運動公園のものを利用できる。南側よりも東側が空いている。無料。

●15分制限に戸惑う

初めてドッグランに踏み入るが、利用者が誰もいない。
休日の夕方、公園内には散歩している犬が多数いるのにだ。
ドッグランの目的の一つは、他の犬と交流させることなので、いささか肩透かしの感あり。
しばらく寂しく遊んでいると、犬種は忘れたが、小さい犬とその飼い主が入ってきた。
当然ウシは、その犬のところに一目散に向かっていくが、相手の飼い主はウシが近づくのを嫌がっている様子。
相手が嫌がるのでは引き離すしかなく、まあこういうこともあろう、とウシを端に連れて行く。
しかし、ウシがこのまま引き下がるわけは無く、またその犬の方に向かっていく・・・
あまり激しいことはしなかったのだが、結局その飼い主はリードをはずさないまま、ドッグランをあとにしてしまった。


遊び相手もいないのに、吠えまくる阿呆犬。

またしばらく一匹で寂しく遊んでいると、入口のところでこちらの様子をうかがっている中型犬とその飼い主がいる。
やっとウシの遊び相手が来た、と喜ぶが、なかなか入ってこない。
しかしドッグランを利用したいような気配はあるので、変だな、と思いながらも遊び続けていると、もしかして・・・と頭にふと思いつく。

順番待ち?

そういえば利用規約に1回の利用は15分までとある。
このドッグランは、犬どうしを遊ばせることを想定しておらず、自分の犬のみを単独で遊ばせることを意図しているのか?
先の小型犬は、ウシがいつまで経っても出て行く気配がないので入ってしまった?

われわれの使用時間は15分を超えていたので、そそくさと退場すると、それを待っていたかのようにその中型犬が入場していった。

たった1回の利用で断定してしまうのは危険だが、次にまたこんな調子だと利用する意味も無い。
他の犬と遊べないなら、最初から他に行った方が良いので、それ以来このドッグランを利用していない。

私の認識は間違っている、と指摘してくれる読者がいてくれればありがたい。
何しろ家から近いからできれば利用したいのだ。
(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ウシの釣果~手術の前に2~

去勢手術の前にアホな飼い主の提案により
海岸散歩へ出かけ、見事ハリセンボンをGETしたウシ。

口をつかんで開かせようとしても、
おやつをちらつかせて気をそらせようとしても、
落ちている枝や石ころを投げて一緒に走ってみても・・・
何が何でも離しませんとばかりに
ハリセンボンを咥え続けます。

ハリセンボンを素手でつかんだ私の手はウロコが変化した棘がささって流血したので、
無理に引っ張ればウシの口の中が切れてしまいかねない事態だと悟りました。
(気づくのが遅いが)

これは参った・・・・
高い位置にウシ抱え、咥えなおそうとハリセンボンを
一瞬でも離した隙に重力により落下するのを待つしかないなと思い、
ウシを小脇に抱え、テクテク海岸を歩き駐輪場を目指しました。
海に流れ込む川を越えるための橋に差し掛かったとき、
私の脳裏を何かがよぎった!
ウシに欄干から川を覗き込ませてみたのです。
犬は高いところが苦手。
高い欄干から眼下の川を見たウシはびっくりしたのか慌てたのか
あっさりハリセンボンを川へポトリと落としたのでした。

「おとしたーー!」思わず前を歩くハンソデめがけ
周囲の目など気にするでもなく私は叫んだのであります。
強敵ハリセンボンに勝った!!!!
とでも言わんばかりに。
アホとしかいいようがない。

そそくさと我が家へ帰り、その後ウシを病院へ連れて行きました。

ウシは病院の若くてとってもカワイイ女性の先生が大好きで、
当日はその先生がいらしたので大喜び。
心配して後ろ髪ひかれる思いの飼い主のことなど
まったく見送る気配もなく、寂しがるでもなく病院の奥へと
大好きな先生と消えていきました。

夕方術後の経過など聞くために病院へ電話すると
手術は無事に終わり、ウシは麻酔からも目を覚ましてお部屋で静かにしているとのこと。
長かった一日がようやく終わったような気がしました。


DSCF045.jpg

ほったらかしの鉢植え水仙が自らの生命力で見事花を咲かせてくれました。
ウシが”男”として撮った最後の一枚。


海岸でウシが咥えたもの
・ハリセンボン
・カラスの死骸

男なら 咥えてみせよう ハリセンボン
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ウシの釣果~手術の前に1~

4月4日、8ヶ月になったウシに去勢手術を受けさせることにした。
いつもお世話になっている病院に手術の予約をした際、
当日は朝食を抜いて来院するようにとの指示を受けた。
特に来院時間は指定されていなかったが、
診察開始時間そうそうに病院に預けることに決めた。
いつからでも預かってくれるという言葉に、
ウシがいるとできないことをしよう、どうせなら早めにという算段だ。

でも・・・平日は留守番ばかりで唯一週末にドッグランに行ったり
海岸でボール遊びをしたりすることがウシの楽しみでもあるため
せめて病院に連れて行く前に海岸を散歩させようじゃないかと考えた。

食糞したり、拾い食いをするウシを
ウシにとっては魅力的なものがいたるところに落ちている海岸へ
手術前に連れて行くというのだから、なんとも浅はかな夫婦であることに
賢明な方なら誰でも気づくであろう。

海岸ではウシをある程度自由に走らせたいため
普段の散歩では使用しない伸縮性のリードを使う。
ウシはリードが伸びる範囲で行ったり来たりし、
お友達を見つけては向かっていく。
そんなウシの喜ぶ姿を見るのが、ハンソデにとっても私にとっても
何よりうれしいことだ。

半面、伸びきったリード先のウシの突然の行動には反射的に反応しづらい。
ウシが突然何かを咥えた!そう思った瞬間・・・
ハンソデが奇妙な声を上げた。

DSCF0472.jpg

網にかかって漁師さんに捨てられたのであろう、
ハリセンボンを見事にGET。
ハリセンボンはご存知フグの仲間で、ウロコが変化した長く硬い棘がある。

※魚のハリセンボンの説明はこちら↓
神奈川県水産技術センター内水面試験場

がっちりウシが咥えたハリセンボン。
すでに死んでいるとはいえ、棘は触れば痛い。
なのにウシはよだれをだらだらたらしながら
絶対に離そうとはしない。
「ハナセ」のコマンドなど家で通じたためしなどないのだから
ここではまったく無用の長物。
なのに、「ハナセ」を繰り返すハラマキ。
この後手術だというエモイワレヌ緊張感とハリセンボンという強敵の前に
無力な夫婦はアタフタするばかりであった。
(つづく)
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

計測される犬~NINTENDO DSで世界1位!?~

ウシの首輪についている縦4.5cm×横4cm×厚さ1cmの白い物体、これは何だ?、とよく聞かれるので調べてみた。



これは「生活リズム計」という。
NINTENDO DS用ソフト「歩いてわかる 生活リズムDS」の歩数計測用機器だ。
毎日使ってはいるが、正式な名前などよく知らん。

ここでも何度か触れているが、平日ウシは1匹で長時間留守番している。
留守番中の様子を少しでも知ろうと思い、買ってみた。
リアルタイムでその様子がわかるカメラもあるようだが、そこまでいくと行き過ぎだ。
寂しそうにしていても、危なっかしいことをしていても、様子がわかったところで、ヤキモキ・ハラハラ・シクシクする以上のことは通常できはしない。
楽しく遊んでいるわけはないのだから、人の精神衛生上よろしくない。

このソフトを買って初めて計測したときの結果にはがっかりさせられた。
“やはり”、ではあるのだが、留守番中のウシはまったく動いていないのだ。
私が出社する8:30から、私かハラマキが帰宅する20時過ぎまで、見事にゼロが続く。
(ソフトの仕様により、動いていても歩数にカウントされないケースもある。)
下の写真は、平日の1日の典型的な行動パターンを示している。


朝と夜の散歩時に高い山、留守番中の10数時間は真っ平ら。

毎日の目標歩数は35000歩に設定してある。
雨が降らず、朝と夜に散歩に行けると達成できる数字だ。

このソフトは単純で、いくつかのメニューはあるものの、基本的に使用するのは時間ごとの歩数の計測と世界ランキングの確認のみ。
世界ランキングは、DSのネット接続機能を使用したもので、現時点だと3万6千人が参加している。
ウシの順位はというと、雨がなければだいたい世界のベスト5にはランクされている。
1位にもなったことがある。
これは、歩く距離が同じでも、人よりも犬の方が多くカウントされることが要因であろう。
ともあれ、ウシは「世界で5本の指に位置づけられる犬」であることは間違いない!(価値など知らん!)

このソフトを使うと、ウシが通っている保育園での運動量も推測できてしまう。
カウントされていない時間が数時間に及ぶこともあり、何もしてくれていないのか!、と疑ってしまうことも無きにしも非ず。
(ハンソデ)


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

リフレクソロジーを受けるお犬様

昨年末、鵠沼のDOG DEPTのクリスマスのイベントとして行われたビンゴ大会で、三等の景品を獲得した。
三等は何かというと、リフレ3000円券だ。
DOG DEPTの2階、わん'sPaPaでリフレクソロジーを受けられるらしい。
その日はビンゴ大会が終わってそのまま退散したが、1ヵ月半ほど経って、景品の金券を使ってみることにした。

リフレクソロジーは人と犬、および両者セットのコースがあるが、マッサージを気持ちよいと思ったことのない私は、犬のみのコースにした。
もちろんハラマキなど最初からみているだけの想定だ。

ふだんは、ちっともおとなしくなんてしていない、暴れまくるウシだが、なぜか施術中は静かだ。
しかも、暑くもないのに口をだらんと開けて、なんとも言えない表情をしている。
ウシが実際に気持ちよかったどうかは知る由もないが、ウシの面白顔をみられただけでも、試してみる価値はあった。





あれ以来、ウシの面白顔をみたいがために、ウシの背中や足を揉んだり、尻尾を引っ張ったりしてみるのだが、気持ちよさそうなそぶりなどまるでない。
ただただ、噛みつかれるだけ。



ハラマキを練習台にしようとも考えるのだが、ハラマキの馬鹿づらをみても面白くないので、やたらめったらウシをこねくりまわす日々が続く。
(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
AD
Facebook
おすすめ記事
著者(ハンソデ)がみずから選ぶお気に入りの記事リスト
プロフィール(犬)

ウシ 2008年8月3日、福岡生まれ、オス

ハンソデ&ハラマキ

プロフィール(人間)
著者:ハンソデ(夫)、ハラマキ(妻)

ハンソデ&ハラマキ

AD
検索フォーム
RSS
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
アクセス数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。