スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

性格を診断してみた

俺、ウシ。

女の方の使用人が自分の悪行を「人のせい」にして何かぐずぐず言っているようだが、我が家の序列は下記のとおりだ。

俺様>男の使用人>>>>>>>>>女の使用人>虫>カビ

さて、最近あまりに雨が多く退屈なので、俺の「性格診断」をしてみたぜ。
無料性格診断WEB 人間研究所

質問が50もありしちめんどくさいが、我慢して回答してみた結果はこうだ。

「人のせいにするタイプ」

なんのことやらよくわからないが、その特徴を列挙すると、

・うまくいかないと周りのせいにする
・感情に振り回されて行動する
・突然キレることがある
・周りに迷惑をかける
・好奇心旺盛

だと。

うまくいかないことがあれば、それは俺様のせいであるわけはないし、欲望のまま行動するなんてあたりまえのことだし、使用人が粗相をすれば噛み付いてお仕置きをするのは当然だし、口に入る大きさのものはとりあえず何でも食ってみるべきで、「周りに迷惑をかける」というのは意味がよくわからないが、その他の特徴は俺に当てはまっていると言ってよい。
でも、それを総称して「人のせいにするタイプ」とは何だ!
開発者のくそやろう!



「人のせいにする」と診断されるにふさわしいやつが、俺でなくて誰であるかは、このブログの読者なら心当たりがあるだろう。
(ウシ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?
スポンサーサイト

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

言われなき糾弾とウシの真実

前回はウシの名を語るフトドキモノが虚偽の事実(散歩なんてしたくないね)を報告した。
その中で、どうやら私は言われなき糾弾をされているような気がするので、
ここに真実を記そうと思う。

確かに散歩に出ようと用意を始めると、ウシはその気配を察して近寄ってはこない。
そういう意味ではウシが散歩をあまり好きではないということは、間違ってはいないかもしれない。
しかし、ひとたびリードを装着すると諦めがつくのか、自分から玄関へと進む。
散歩デビューからほどなくは外を怖がってなかなか歩を進めることができなかったが、
今はそんなことはまったくない。

「つけ」の躾をしようと、ウシが私よりも前へでるたびにリードを引っ張っていた時期もあった。
その甲斐があったのか、保育園で散歩訓練が始まったことも功を奏しているのか
今はグイグイ引っ張ることもほとんどない。
保育園からいただく連絡ノートにもウシの散歩訓練は大変うまくいっており、
ヒールウォークも上手にできるとある。
まあ、これはプロのトレーナー相手の話だから、私とではまだそうはいかないが。
それでも、ほとんどリードを引っ張ることなく、私の速度に合わせて歩くし、
最近は横断歩道も座って待てるようになってきている。
お友達に会っても、散歩のときはたとえ相手が吠えていてもまったく吠えないので
私が静止したことは今のところ・・・ない。
拾い食いと前方にワンさんを見つけたら猛然と近づきたがるところはまだまだよくならないが。
これからの課題だと思ってはいる。

毎日の散歩は朝も晩もハラマキの担当だ。
なぜなら、ウシはハンソデとは歩かないから。
完全に拒否して座り込みを決め込むのだという。
家を出て、2分。用を足したらそこから先には進まないらしい。
ウシはハンソデと散歩することに不満があるのだ。

ハンソデは散歩担当を免除されて楽チンだとか強がりを言うが、
実のところウシと一緒に散歩できないことにがっかりしていて、
前回のようにウシの名を語ってウシの散歩嫌いは私のせいだなどというのではないかと思う。

私から言わせれば、負け犬の遠吠えだな。

DSCF0781.jpg

朝と晩 散歩という名の コミュニケーション
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

散歩なんてしたくないね

俺、ウシ。
前にも女の方の使用人が書いたが、俺は散歩が嫌い。
嫌いなのは、その使用人の悪行のせいだ。

やつは何を勘違いしているのか、俺様をしつけようとしやがる。
歩いていると、やつの前に出るたびにリードを強く引っ張るんだ。
なんでも、散歩は人間の横について歩かなければならないらしい。
バカの一つ覚えのように、3歩歩くたびにリードを引っ張る。
「つけ!つけ!」ってな。

いてえよ、バカ!
横で歩いて欲しかったら、お前が俺の横につけよ!

男の方の使用人はいくらかまともで、
「そんなことしたらウシ様が散歩を楽しいと思わなくなる」
と至極まっとうなことを言ってくれるのだが、バカは聞く耳を持たない。

だから、散歩の気配を感じると逃げ回るぜ。
逃げ切れないのは癪だが、道にはうまいものがたくさん落ちているからな。
まあ我慢して出かけるさ。
男の方の使用人は話のわかるいいやつなので、道で座り込んでしまえばそれで諦めて家に引き返してくれる。
やつとの散歩はいつも2分だよ。



家の外に興味が無いわけではないのだがな、俺にもプライドがあるし。
下僕の好きなようにはさせないぜ。
(ウシ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

毛虫犬

俺、ウシ。
文学的な匂いのする俺なので、たまにはそのような話をしようと思う。



村上春樹7年ぶりの新作長編小説「1Q84」がいよいよ29日(金)に発売される。
男の方の使用人はさっそくamazonで予約したらしい。
フン。

村上春樹のファンになると、もどかしいことがあるそうだ。
なんでも、長編の発刊スパンが長すぎて、早々に読むものがなくなってしまうとのこと。
まあ、俺には知ったこっちゃないがね。
他の本読めばいいじゃん。

さて、男の方の使用人が、村上春樹の短編を読んで、さすがの俺でも身の毛のよだつようなことを言っていた。

古代ローマだか、ギリシャだか、はたまたその他の国だか忘れたが、「毛虫壷の刑」というものがあったらしい。
それは、罪人を、大量の毛虫で満たされた大きな壷に封じ込める刑だ。
口だけは微妙に外にだしておくと言う。
これによる惨劇は多くを語る必要もあるまい。
穴という穴から、もしゃもしゃと・・・

俺の家は俺の序列が一番高く、あとのふたりは俺の下僕なのだが、下僕とは言え扱いを間違えるととんでもない逆襲をくらいかねない。
家の周りには毛虫がたくさんいるので、俺のハウス御殿に毛虫を大量投入されないよう、暴君ぶりもほどほどにしておくことにするぜ。
やられたら、試しに一匹食ってみるけどね。



(ウシ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

俺(ウシ)のイチバン

俺、ウシ。
昨日初めてブログの更新をしてみたら、
俺のキャラ?に賛否両論あったらしい(ハラマキ談)。

いろいろあるだろうけど・・・みんなヨロシク。

今日は俺が湘南ドッグパークに通うようになって、
ジャックの友達以外でもっとも、イチバン大好きな方を紹介するぜ。


ジャーンルルちゃんDSCF0426.jpg
とってもとっても優しくて、俺はもう、ルルちゃんがランの入り口に見えたら
大興奮さ。

ルルちゃんが来たらいつもの通り「遊ぼうぜ!遊ぼうぜ!」って言うんだ。
そしたらルルちゃんは「じゃあ、追いかけておいで!」って
びゅーーんって走っていくんだ。
DSCF0428.jpg
俺、もっと小さい頃は走るのが遅くて、全然ルルちゃんに追いつけなくて、
それが悔しくて悔しくて「待ってよ!待ってくれよ!」って言いながら走ったもんさ。
でも、最近はルルちゃんにも追いつけるようになったんだぜ。

ルルちゃんはとっても賢いから、
ちょっと走ったらちゃーんとママのところに行ってお水をもらうんだ。
俺、ついそれも待てなくてルルちゃんに「まだ遊ぼうぜ!」って言っちゃうもんだから、
いつもハラマキに捕獲される。ちぇっ。
DSCF0433.jpg

ルルちゃんは優しくて、楽しく遊んでくれるからランの人気者なんだ。
だから、俺とルルちゃんの間に割り込もうとする奴がいっぱいいて
俺、いつも「なんだよ!じゃまなんだよ!」って言ってやるんだ。
ルルちゃん、怒ってるかなぁ・・・
DSCF0430.jpg

ルルちゃん、いっつもうるさくしてごめんなさい。
ルルママ、ルルパパ、いつも優しくしてくれてありがとう。
ルルちゃんとまた遊びたいです。ヨロシク。

(ウシ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

続きを読む

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

俺、ウシ

俺、ウシ。
飼い主が俺のブログ全然更新しないから、
仕方なく俺が書くことにしてみたぜ。
なんで飼い主が書かないかって?
俺は人間の生活には興味ないからシラネ。

今日はハンソデが用事があるからとかで
いつもよりちょっと早めにドッグランに行った。
友達少なくてさ、でっかいプードル君がいたから
いつもみたいに「遊んでくれよ!」って言ってやったさ。
プードル君の飼い主さんが「つぶれちゃうよ?」とかなんとか言って
遊ばせてくれないもんだから「かんけーねーよ、遊ぼうぜ!」って
いっぱい言ってやったんだ。
それでプードル君と一緒に走ったら・・・
あいつ、でけーし、はえーし。ビビッたわ。
ま、また遊んでやってもいいぜ。
次は俺、本気でいくから。

その後ビーグル君がたくさん来て、また「遊んでくれよ!」って
言ってやったんだけど、全然遊んでくんねーの。
シカトしやがって。
今日はつまんねーなーって思ってたら
ハラマキがそろそろ帰るよって言ってさ。しぶしぶ車に乗り込んだところで・・・
来たんだよ!りふぉん兄貴が!
俺は遊べるぜ!と思って慌てて車から飛び降りた。
なぜかハラマキとハンソデも喜んで、もう少しならってランに逆戻りさ。

DSCF0808.jpg
り)挨拶はこうやってするんだぞ!

DSCF0809.jpg
り)挨拶が終わったらさあ、遊ぶぜ!

DSCF0812.jpg
り)これから暑くなるから、ちゃんと水分補給しながら遊ぶんだぞ!

りふぉん兄貴が来たらシカトされたビーグル君たちも遊んでくれた。
そのうちどんどんお友達が増えて、俺、兄貴にくっついてまわったんだ。
兄貴が他のお友達と遊ぶと悔しくってさ。
「なんだよ!俺と遊べばいいだろ!」って言ってやったさ。
ハラマキが「ウシはりふぉん君のまねっこ犬だねぇ」とかいってけど、
失礼だな!俺の実力だよ!

明日は俺の大好きなルルちゃん、紹介するぜ。
(ウシ)





にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

限界?!~ハイキング最長ルートへの挑戦(4)~

水分補給してほっと一息。
DSCF0765.jpg
5秒後には進みたがる犬。
DSCF0766.jpg

ゴールまでおよそ30分くらいと見込んで、再スタート。
ウシの体力は衰えるところを知らず、相変わらずズンズン進む。
DSCF0751.jpg

再スタートしてつかの間、温まっていた体内に、
一気に氷入りの冷たい麦茶を流しいれ、にわかにトイレに行きたくなった私。
しかし、ここは古の武人達に思いを馳せたりする歴史的風土保存用地。
トイレもすぐ近くにはないし、たとえあったとしてもリードフックなど現代的産物があるはずもない。
ゴールの瑞泉寺から自宅までは20分弱。
いそいで帰るしか手立てはないなと判断した。

それなのに・・・・
DSCF0774.jpg
突然、岩場で休憩したりする。

一度だけウシには危険と思われる段差の岩を抱きかかえて降ろしたが、
それ以外はどんな急斜面も、段差も自由自在にウシは駆け巡った。

ハイキングコースに入って1時間半。
DSCF0779.jpg
瑞泉寺に到着。
今回の最長ルートは約5キロであったようだ。

瑞泉寺からはいつもの散歩コースを逆走する形で自宅へ帰る。
私の生理現象の限界を目前に、ぎりぎり帰宅することができた。
ウシをお風呂にいれてひと段落したのが午前11時。
当初の予定ではこの後ウシを爆睡させ私は家事を・・・だったが、
ハンソデが小型船舶運転免許の試験から帰ってくる
午後3時半まで、ウシと一緒に爆睡してしまったことはご報告するまでもないだろう。
しかし、ハンソデが帰宅後もウシは起きてはいたが、大変おとなしかったので
テキトー家事はそこそこはかどりました。

この程度のハイキングなら、ウシの体力の限界など片鱗も見えませんでした。
変わりに、ホモ・サピエンスの寄る年波には勝てない体力のほぼ限界と
冷たいものに誘引される生理現象に対するぎりぎりの限界点をしることができました。

DSCF0786.jpg
今回もとっても楽しいハイキングでした。
ハラマキがトイレに行きたくなっちゃったりするので
今度は誰か一緒に行きませんか?

ハイキング 水分補給は 人肌で
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

限界?!~ハイキング最長ルートへの挑戦(3)~

今回も目指すゴールは瑞泉寺
DSCF0775.jpg

天園ハイキングコースのオアシス?天園峠の茶屋前を通り、
DSCF0771.jpg

先へ進むとちょっと開けた場所にでる。
DSCF0769.jpg

DSCF0767.jpg
お昼時ともなれば、ハイキングを楽しむ人たちがお弁当を広げたりして休んでいるが、
この日は朝早く出発したためだれもいなかった。
ここでうじゃっくしたら思う存分たのしめるなぁ・・などと考える。

ハイキングコースに入ってここまででおよそ1時間。
家を出てから1時間40分が経過していた。
早朝とは言えそこそこ気温もあり、アップダウンのある山道を歩いて
極度の寒がりの私も、人並みに汗をかいた。
ウシもそろそろ休憩が必要だし、一休みすることに。
DSCF0762.jpg
実は前回(ウシ、ハイキングへ行く(2))ウシ用の水分は用意していったのに、自分用の水分を持たずにハイキングコースへ入ったため、猛烈に喉の渇きを覚えたにもかかわらず飲むものがなく、グビグビおいしそうに水を飲むウシを見ていてウシの水を奪いがぶ飲みしてやろうかと思った。
しかし、そこは進化の頂点にたつホモ・サピエンスとして弱きものの水を奪うことなどしてはならじとグッと我慢したのだ。
そんな経緯があったので今回はちゃんと自分用の水分も用意してのトライである。
DSCF0761.jpg
私は調子にのって氷などまで投入した麦茶を、ウシはただの水を飲む。
麦茶うまかばい!!!!とがぶ飲みした。
あの、限界点がくることなどこのときの私はしるよしもなかった・・・・

いいかげん長すぎるとは思いますが、次回最終回です。
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

限界?!~ハイキング最長ルートへの挑戦(2)~

初めてウシとハイキングに挑戦したとき(ウシ、ハイキングへ行く(2))、ウシの弾丸ぶりを楽しみつつも唖然とした。
その後、特にウシに躾を施したわけでもないし、
劇的にウシがお利口犬になったわけではないことはあきらかなので、
今回も同様のハイキングになることは覚悟していた。
ただ、私、ハラマキの地元・九州の友人であり、このブログの手厳しい批評家でもある
ハチマキに「ウシのブログは写真が少ないけん、つまらんばい」
(訳:ウシのブログは写真が少ないので、おもしろくないよ。)と常々言われているので
今回は頑張って写真をとってみようと思ってでかけた。

喫茶店笛を過ぎて、天園ハイキングコースに入る。
すぐに狭くて急な上り坂。
とたんにウシは弾丸ウシに大変身!
写真だ!写真だ!
DSCF0731.jpg
間に合わず・・・
くそぅ、もういっちょう!
DSCF0732.jpg
もはやウシは写ってもいない。

ハイキングは走るウシとあせるハラマキコンビで始まる。
前半は野生の姿よろしく、ウシは私のことなど微塵も気にせず、
後ろなど振り返ることなどまったくせずに、ズンズン進む。
DSCF0742.jpg

GW後半からこの週末までかなりの量の雨が降ったし、
このハイキングコースのほとんどはうっそうとした雑木林の中なので
まだ足元もあまりよくはない。
DSCF0733.jpg
片手に弾丸ウシの伸縮リード、片手にカメラ、足元ズルズル。
しょっぱなから前途多難である。

とはいえ、新緑の葉をつたって落ちた雨を吸った地面から
気温の上昇とともに蒸発する水分を含んだ空気は、
なんとも知れず心を穏やかにする匂いをまとう。
朝早いこともあって行きかう人もなく、
もう少しウシが落ち着いて歩いてくれれば、
この上ない贅沢な空間となったであろう。
DSCF0734.jpg

ここは古の武人達に思いをはせたりする
歴史的風土保存用地でもあるのだ。

まだまだ続けます。
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

限界?!~ハイキング最長ルートへの挑戦(1)~

今日はハンソデが小型船舶操縦免許の試験日。
以前ハンソデがいなかった休日に鎌倉のハイキングコースを堪能したウシ&ハラマキ(ウシ、ハイキングへ行く(1))。
ハンソデがいない→ハイキングの短絡的な発想で、
今回は鎌倉ハイキングコースの中の最長ルートに挑戦することにした。

前回の記事をみて鎌倉ハイキングに興味をしめしてくれた
大佐君を誘ってみたけれど、
アクティブコンビの大佐君とおかあちゃんはすでに予定ありとのことで
前回同様、一匹と一人でトライすることにした。
GWもウシと遊びまくって相変わらず家事を忘れがちの私は、午前中早めにハイキングに挑戦してウシを爆睡させ、
休日はトドみたいなハンソデもいない午後に家事をすればいいねぇ・・・と目論んだ。
(オチはみなさんお気づきのことと思いますが、しばしお付き合いください)

ハンソデが試験に向かうのと同時刻、午前7時50分に家をスタート。
まずは天園ハイキングコースの入り口を目指す。
鶴岡八幡宮を抜け・・・
DSCF0719.jpg

鎌倉五山第一位の建長寺の前を通り・・・
(天園ハイキングコースには建長寺からも入ることができます。その際は建長寺への入場料が必要です)
DSCF0724.jpg

あじさい寺として有名な明月院方面へ・・・
DSCF0725.jpg
明月院へつながるこの道は、あじさいのシーズンになると
明月院に入る人たちで長蛇の列になります。
DSCF0726.jpg

明月院を通り過ぎ、道なりに進むと笛という喫茶店の看板が・・・
DSCF0728.jpg
この看板から笛まで365歩との案内があるが、本当なのか?検証できず。

笛を通り過ぎ、2つ目の角が天園ハイキングコース入り口。
DSCF0730.jpg

自宅からここまで40分。写真を撮りつつだったので、
それがなければ30分強で到着するだろうか。

さていよいよハイキングコースへ突入・・・
その前にウシに水分を補給をさせました。

ネタがないので、これで引っ張ります。
次回へつづく。
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

新種の犬

ウシと散歩をしていると、行きかう人に「かわいい」と言われることがままある。
よく顔を見てみろよ、と思うのだが、豚や温水(洋一)もかわいいのだから、ウシがかわいいと言われてもさほどおかしいことではなかろう。



その他にたまに言われるのが、新種の犬だ。
すれ違った人に、「何あれ、新種?」という具合だ。
まあ、新種だか旧種だか知らないが、ジャックラッセルテリアという犬種が世間に広く知られているわけではない証拠とも言える。

私も犬を飼おうかと思い始めた頃、ハラマキに「それなら、ジャックラッセルテリアがいいよ」と言われ、しばらくは「なんとか・なんとか・なんとか」だった。
ジャックもラッセルもテリアも一つも覚えられない。
それは、一つ、二つ捨てる気になれば「テリア」くらいは言えたであろうが、三つすべてを狙いに行ったためであろう。

犬の名前をきかないで」でも似たようなことを書いたが、私の飼っている犬の犬種にさほど興味がなければ、それをきかないで欲しい。
「ジャックラッセルテリアです」
と答えても、たいていは「ふーん」なんだもの。
「柴犬です」
より確実に面倒くさいのですよ。

ウシは、寝ているときはじいさん顔なので、新種というよりは絶滅種という感じですな。



(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ドッグランあれこれ(室内型)~Dog space Punahele@寒川~

ゴールデンウイーク最終日は雨。
ふだんならどこへ行くのも諦め家でおとなしくすごすのだが、先に書いたとおり貧乏性の私は、あとで損した気分になるのは嫌なので、無理して外出することにした。

と言っても特段趣味のない私は、ドッグラン以外には思い浮かばない。
雨でもOKのドッグラン、前々からチェックしていた寒川のDog space Punaheleに行ってみた。

室内とはいえ、雨の日にわざわざでかけて犬を遊ばせようという酔狂な人間がどれほどいるのか。
閑散としたドッグランも覚悟してしまうが、そんな心配は杞憂だった。
現地についてみると駐車場はほぼ満車、ドッグランにもたくさんの人と犬が・・・



ここはビジターでも利用できるが、会員になると3時間1200円(休日。非会員は1時間)、のはずだが本日は混雑のため2時間までだという。
利用規約にはこのことが書かれているのかもしれないが、HPを軽くみても見当たらない。
実際2時間もあれば十分なのだが、釈然としない気持ちは残る。
だって、入会金2000円も払ったのだから・・・

広さは70坪ほどで、屋内人工芝敷。
簡単なアジリティーの器具と、ボールが備え付けてある。
70坪の広さは、小型犬にしても思いっきり走り回るには少々狭い。
しかも混雑していたので、いつものウシのスピード感はみられない。
利用者も糞を迅速に片付けない人ばかりで・・・
ドッグランの印象としてはどうかな???


いつものウシ


誰とも知れない人に「ボールを投げろ」と吠えまくるウシ

梅雨の時期など、雨が続きウシの運動不足が顕著になればまた利用する機会もあるだろう。
(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

ドッグランあれこれ~箱根ピクニックガーデン~

日々考えることは多々あるが、ウシを遊ばせること、もその中の重要なテーマの一つ。
ふだんの休日なら、茅ヶ崎のドッグランに行けば済むことだが、ゴールデンウイークということになれば、特別なところに行かなければ貧乏性の私にはのちのちの精神衛生上良くない。
ゴールデンウイーク=何もしなかった、ではとても損した気分になってしまうもの。

ということで、神奈川県内のドッグランを物色してみるが、行きづらかったり、GWなのにやる気がなく休業日だったり、以前から注目していたのに閉鎖してしまったりで、結局残ったのはここだけ。

箱根ピクニックガーデン

GW中の箱根。
渋滞について相応の覚悟で臨むが、混んだのはGW関係なしの渋滞ポイント、国道134号茅ヶ崎・柳島から大磯の手前まで。
他は、現地までガラガラ。
ただ、初めて買った2万円台の激安ナビがインチキな道案内をしてくれたため、多少戸惑ってしまったが。

9時30分頃、箱根ピクニックガーデンに着いた。
まずは、入場ゲートで車に乗ったまま入場券の購入だ。
大人ひとり500円、お犬様300円。
駐車料金が別途かかることもなく、日中は出入り自由。
駐車場は何箇所かあるらしく、受付のおばさんによると「行けばみんないるのでわかります」と言うことだったが、誰もいない、一台も車が停まっていない・・・
閑散としているドッグランほどつまらないものはない。
箱根くんだりまで来て、ああがっかり・・・の予感。

箱根ピクニックガーデンは、敷地が80,000平方メートルで、大半が芝生。
全体の広さは立派なものだが、ドッグランのスペースはごく小さい。
茅ヶ崎の半分もないのではなかろうか?

まずはドッグランで遊ばせようと向かうと、静まり返っている場内だが、先客がただ一匹いた。
ゼロよりはましだが、ウシはその相手に興味がない様子。
ただ無目的に走り回っているウシをみて、がっかり感が強まる・・・



このドッグラン、狭さのほかに、重大な欠陥があった。
出入り口は立派に二重扉なのだが、扉の下をもぐって外にでることができてしまうのだ。
まさかこんな致命的な欠陥があることなど露知らず、まんまとウシの脱走を許してしまった。
ウシの躾はいたらないことばかり。
当然呼び戻しなどもできないので、広大な園内をあせって追い回すことになってしまった・・・


ウシ大脱走

ドッグランを出て、芝生の広場で遊んでいると、最初は閑散としていた園内もだんだんと利用者が増えてきた。
ドッグランに戻れば、遊ぶ相手が増え、しかもボールの使用が可なので、ウシも前よりは楽しそうにみえる。



そして何より、芦ノ湖と箱根の山々を臨む景色は最高だ。
曇の合間にたまに富士山も顔をのぞかせる。
だんだんとがっかり感が薄まってきた。



併設のドッグカフェは土日祝のみ営業。
パンはプリンスホテルから運ばれたもの。
高台にあるので、園内から眺める景色はここが一番良い。



ドッグランは遊び相手が多いほどよいが、ただただ走り回るだけなら、まわりに人も犬もいないほどよい。
園内は芦ノ湖に向けて下り斜面になっており、下に行くほど空いている。
下の写真は、ウシがのびのびと走り回っている様子。
ボールはないが、ハラマキと走る姿はとても楽しそうだ。



がっかり感は、インチキなカーナビだけに対して残り、帰路に着いた。
帰りも間違いばかりの案内をしてくれた・・・
(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

続きを読む

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

うじゃっく湘南会 海遊び&BBQ大会~BBQでもやっぱりボール~

海遊びをワンさんたちが存分に楽しんだ後は
人間がBBQを楽しみましょう!ということでBBQ会場へ移動。
貸切会場では人間はBBQを楽しみつつ、ワンさんたちは自由に遊べるという、
なんとも豪華なセッティング!

海に入ってびしょぬれ、泥んこになったワンさんたちを洗って、
いよいよBBQの始まりです。
さんざん海でボールと遊んだし、まったりしてもらいたい気持ちもあって
会場ではボールをちょっと見えないところに置いてみたら。
DSCF0613.jpg
ここにボールを隠したことはわかってるんだぞ!
・・・・そうすか。

BBQを楽しむ飼い主さんの足元でまったりするワンさんが多い中、
まったく飼い主に寄り付きもせず、またひとりボール遊び。
DSCF0626.jpg

ウシにとっては魅惑のボールライン
DSCF0631.jpg

初めて食べたケーキ(キャメちゃんお誕生日おめでとう!)を食べるときだって
ボールはつねに傍らに。
DSCF0642.jpg

あんまりウシがボールで楽しく?遊んでいるものだから、
湘南会メンバーもちょっとボールに興味を持ち始めたりして・・・
DSCF0623.jpg
りんちゃん、ボールおもしろいでしょ?

DSCF0635.jpg
キャメちゃんにだってボールはわたしたくないよー!

湘南会きっての恥ずかしがり屋、パックンもボールの魅力にほだされて・・・
DSCF0627.jpg
パックン、一緒に遊ぶ?

調子に乗って、こんなことにも誘ってみたりします。
DSCF0644.jpg
ウ「氷、冷たくておいしいよ!」
パ「おなか、こわしたりしない??」


こんな風にしてあっという間に、楽しいうじゃっく湘南会は終わりました。
楽しかったね!ウシ。
一緒に遊んでくださった参加ワンさん、飼い主さん。
本当にありがとうございました。
ボール命犬ウシを、これからもよろしくお願いします。
また遊んでくださいね!
DSCF0604.jpg

あれもくれ ボールは全部 僕にくれ
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

うじゃっく湘南会 海遊び&BBQ大会~やっぱりウシはボール命~

5月3日のうじゃっく湘南会。
GW真っ只中ということもあって、海岸線はきっと混雑するに違いないし、
歩いてもいけない距離でもないけれど、
海遊びの前に体力使うのももったいない・・・
ということでウシ&ハラマキは原付で会場まで向かった。
バイクに乗る犬~鎌倉海岸への道程~
混雑もなんのその、スイスイスイーでございます。
駐輪所にバイクを止め、ぐいぐい引っ張るウシとともに海岸へ。
いました、いました、うじゃっく湘南会メンバー。
すでに海に飛び込み、元気に遊んでいる様子。
さっそくウシも参戦です。
DSCF0603.jpg


湘南会のホスト犬りふぉん兄貴のお出迎えを受け、
さっそくウシも海へ!!!!!
・・・・・・・・あららら。
湘南会メンバーがすでに投入していたたまごちゃんへマッシグラ。

DSCF0605.jpg
おい!こら!ボール投げろって!
海、入ろうよ。ウシ君・・・
またボールですか・・・・・
ボールを咥え、ボールを追い、ボール命犬の本領発揮です。
後ろからボール命女子のチェリーちゃんが忍び寄ってますけど・・・

DSCF0606.jpg
DSCF0607.jpg
DSCF0608.jpg
いかに湘南会のホスト犬でもあり、ウシの兄貴分のりふぉん君といえど、
ボールだけは渡したくはないのです。
こんな調子で相変わらずボールだけを追いかけまくるウシでありましたが、
海に向かって投げられたボールにも躊躇なくくらいつきます。
結局、海デビューはボールとともにできた・・・ということです。

まだまだ、続きます。

初海や ボールとともに ダイビング
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

うじゃっく湘南会 海遊び&BBQ大会

5月3日、GWも折り返しのこの日、
ウシのホームである、うじゃっく湘南会が開催された。
今回もまた、おっさんのくせに人見知りのハンソデは不参加。
ウシとハラマキの参加となった。

湘南ボーイのウシは今夏、海デビューをさせるつもりでいた。
お友達であり血縁でもあるみなみちゃんが、泳ぎが大得意であると聞き、
ハラマキは大いにやる気になった。
海岸散歩でちょこっと海に触れてみるくらいはしたことのあるウシ。
この湘南会が本格的な海デビューにはまたとないチャンス・・・との考えもあり
大いに楽しみにしていた本日。
でも、やっぱり、ウシは・・・・・・

つづきは次回。
うじゃっくとなればウシの中のジャックメーターは振り切れ、
力の限り遊びました。
帰宅後は歩くのもやっとの状態。
半分眠りながらシャンプーしてもらい、その後は。

DSCF0649.jpg
ハンソデに体をぴったり寄せて眠る態勢のウシ。眠いときはハンソデの近くがいいらしい。


DSCF0651.jpg
ときどき確認しないと生きているのか不安になるほどの爆睡。楽しかったね、ウシ!

またしてもうじゃっくの写真が撮れなかったハラマキ。
腕ももちろんないのだが、ウシを制御しつつカメラを構えるのは難しい。
うじゃっくに参加するたび毎にその思いは深まる。
うじゃっくの時のウシは普段の数十倍もおもしろい。
そんなウシの勇姿をやっぱり納めておきたいな・・・と思います。

うじゃっくで ウシの成長 確認す
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

もしもボールがなかったら

ウシはボール命犬。
遊びに出かけた先にボールがあるなら、
他にはまったく目もくれずひたすらボールと一緒。
だれが教えたわけでもないのに、ボール命だ。

しかし、ウシが週末利用する湘南ドッグパークは
残念ながらおもちゃ禁止。
そんなドッグランでウシがどんな風に過ごすかといえば・・・

スマック君2
相手が気が優しいことをいいことに噛み付いてみたり。

DSCF0598.jpg
まったく迫力に欠けるが、ジャックのお姉さん相手にガウガウもどき。

あまり追いかけたり、追いかけられたりは好みじゃないらしく、
ボールがなければ走り続ける・・・ということはない。

ウシにとってボールは
なにを刺激してあれほどまでに執着させるのだろうか。

家でボールで遊ぶときは、
ひっぱりっこが大好きなので・・・・

DSCF0591.jpg
当然、釣れます。

DSCF0588.jpg
ウシ、9ヶ月。体重5.6kg。
ダンベル代わりになったりもできます。

初節句 はしゃぐハラマキ こいのぼり
(ハラマキ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
AD
Facebook
おすすめ記事
著者(ハンソデ)がみずから選ぶお気に入りの記事リスト
プロフィール(犬)

ウシ 2008年8月3日、福岡生まれ、オス

ハンソデ&ハラマキ

プロフィール(人間)
著者:ハンソデ(夫)、ハラマキ(妻)

ハンソデ&ハラマキ

AD
検索フォーム
RSS
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
アクセス数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。