スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

勇猛果敢さゆえの惨劇~ジャックラッセルテリア・ジョージの死~

ちょっと古いネタで、わりとよく知られたニュースのようですが、最近知ったので紹介を。
正義感があり、かつ勇猛果敢であったために、悲劇の死を遂げるジャックラッセルテリアのお話です。

George the Jack Russell dies saving kids

高校の卒業試験で英語が0点だった私に正確な和訳などできませんが、後日談も含めると、要は以下のような内容です。

-------------
ニュージーランドにて、幼い子どもたちが2匹のピットブル(ブルドッグに似た闘犬)に襲われていた。
その様子をみた、ジャックラッセルテリアのジョージは、凶暴なピットブルに闘いを挑み、子どもたちを危険な犬から逃がすことに成功した。
しかし、子どもたちの身代わりになったジョージは、瀕死の重傷を負い、救い出されたときには手遅れで、安楽死させられることになった。
2匹のピットブルも安楽死させられた。

このジョージの行為に対して、動物愛護協会から勲章が贈られた。

ジョージ
「ジョージ」
(写真は、smh.com.auより引用)
-------------

ジョージの勇敢な行動は賞賛されるべきですが、ピットブルは、つながれていたものを襲われた子どもたちが放したということです。
この事件はまったくもって人災と言うしかなく、犠牲になった3匹の犬を気の毒に思うばかりです。
私も、「ドーベルマンと闘うところがみたい」などと、のんきな記事をアップしている場合ではないと少々反省しました。
(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

コメントの投稿

Secret

No title

●Hanakotty様
お返事遅くなって申し訳ありません。
やはりご存知でしたかー。さすがですね。
Totoro君もジョージに負けず劣らずのJRTですね!

No title

随分昔の記事にコメントです。最後のドーベルマンと戦うJRTの話… 多分、イメージと違うけど… TOTORO VS ドーベルマン笑 http://hanakotty.blogspot.com/2010/02/blog-post_21.html

George the JRTの話は有名ですよね。3年前位でしたっけ…?自分の守りたいものを守るためなら何でもなれる勇気の塊ですね、JRTは。

英語でなんと書いてあるかわからないけれど

ねーちゃんさん、りふぉんママさん、camemamaさん

コメントありがとうございました。

トラブルを止めに入るとはなんとも利口かつ正義感が強いことかと思いますが、人間と同じで、すべてがそのような犬ばかりではきっとないのでしょうね。
ウシの場合は、ケンカであっても遊んでるのであっても、自分も混ぜて欲しいと思って入っていくのでしょう。

>JRTのジョージも、ピットブルの2匹も
>互いをしとめるまで闘い続けてしまったという点でまったく同じなわけですよね。

ピットブルはジョージにより痛手を負わされたのではなく、危険なための安楽死でしょう。

No title

ねーちゃん様

パックンにもJRTの本来の気質はあるのでしょうけれど、それぞれに個性があっておもしろいものですね。

もう一度じっくり観察=うじゃっく会再び!
ぜひ、観察しましょう!

りふぉんママ様

JRTのジョージも、ピットブルの2匹も
互いをしとめるまで闘い続けてしまったという点でまったく同じなわけですよね。
3匹とも失わずにすんだ命を人間の軽はずみな?行動で奪われてしまう結果を招いてしまった。3匹とも何を思っていたでしょうね。

camemama様

確かに、犬に教わること多いですね。
たぶん、私達が飼っているJRT達は
私達の指を食いちぎってしまうくらい
平然とやってのけるのかもしれません。
でも、絶対にそんなことしない。
私たちのことを本当に大切に思ってくれているのでしょうねぇ。
その信頼にしっかり応えなければ・・・と
思います。

No title

私も、知りませんでした。
勇敢なジョージ、かっこいい!!
しかし・・ 切ない・・  

たしかに、トラブルがあると駆けつけますね。
ワンコって優しいんですよね。 うじゃっく会でも、田んぼランでも、ケンカが始まるとワンコ達が止めにきます。
1回、キャメルもガウガウ遊んでたら、ケンカと間違われて「わんわんわん!!」って大きな犬に怒られて、初めて「キャイーーーン」って私に近寄って凹んでました。

犬社会で私も教わる事が多いです。

No title

助けよう、とする本能は 確かにありますね。
そのあとのことは 考えてない。
そこが ある意味、人間と違うところです。

本能が理性より前に出る、猟犬としても優秀なジャックなので ありがちな話ですね。

本人は どう思っているのか、助けられて よかった、と満足してたら いいですよね。
人間も同じだけど、どう生きたか、ですから~~

知りませんでした

こんなニュースがあったことを知りませんでした!

前回のうじゃっく会で自由なジャックたちを観察していると(見ていただけですが)
2匹でガウガウ始めてもまわりにいるジャックが入ってきますよね!
あれは止めに入っているのか?
自分たちの血の気がそうさせているのか?
パックンは遠くから傍観しているだけでしたが・・・(-_-;)
このニュースを知って、もう一度じっくり観察してみたいと思いました(^_^)



にほんブログ村 犬ブログへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
AD
Facebook
おすすめ記事
著者(ハンソデ)がみずから選ぶお気に入りの記事リスト
プロフィール(犬)

ウシ 2008年8月3日、福岡生まれ、オス

ハンソデ&ハラマキ

プロフィール(人間)
著者:ハンソデ(夫)、ハラマキ(妻)

ハンソデ&ハラマキ

AD
検索フォーム
RSS
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
アクセス数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。