スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

鎌倉社会見学(3)~謎の史跡「まんだら堂」で何を想う~

いよいよ、まんだら堂に入る。
私有地だった頃は入場料がかかったらしいが、一般公開時は無料だ。
受付で、逗子市教育委員会作成の「国指定史跡 名越切通」というチラシをもらえる。


まんだら堂の由来はよくわかっていない。左手のいちょうが綺麗に色づいている。

私が初めて足を踏み入れた5年前よりだいぶ整然としている。
以前は、入口から一番遠い立ち入り禁止区域に前の所有者の廃屋があり、離れとして風呂などいくつもの小屋があった。
そして、やぐら(墓地)の多くは埋まっており、なぜか浴槽が無造作に置かれていた。
今はというと、廃屋や小屋、浴槽は撤去してあり、やぐらは掘り出され、平地部分もだいぶならされている。


一つひとつの穴がやぐら。やぐらというのは鎌倉近辺にみられる墳墓。鎌倉を散策していると、各所でみかける。穴を掘ってみれば、人骨が出てくることもあろう。

ウシのリハビリと言いながら、ウシが喜ぶものはなにもない。
心霊スポットや稲川淳二にはこれっぽっちも興味はないが、謎という言葉にはめっぽう弱い私が喜んでいるだけだ。
ハラマキはふだん脳が働いていないので、何も思うところはないだろう。


ウシはやぐらに興味はない様子。

ミステリアスなところがこの場所の魅力であるにもかかわらず、だんだんと整備されていく様を少し寂しく思いながら、犬的なイベントは皆無のまんだら堂をあとにした。
次はランチだ。


まんだら堂に目立った反応のないウシ。君らの先犬もここに葬られているかもよ。

※まんだら堂の公開日は、11/21(土)、22(日)、23(祝)と28(土)、29(日)です。
今年もまだ行けるチャンスがあります。
今を逃すと定例の一般公開はまた1年後となってしまいます。


(ハンソデ)

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?

テーマ : ジャックラッセルテリア
ジャンル : ペット

コメントの投稿

Secret

No title

●ラテママ様
お返事遅くなってごめんなさい。
「やぐら」は鎌倉地方、中世の墳墓・・・だそうです。
(ハンソデ談)
実は、ワンコOKではないの。
スリングで知らんふりして入ったら特に注意されませんでした。
さすがに歩かせることはできないと思いますが。
ウシ家も誰一人なーんにも感じませんでしたよ。

●うずまき様
お返事遅くなってごめんさない。
今頃は伊豆かな?
そうそう、ハンソデもまんだら堂は年々整備されてきていて
怪しげな雰囲気がなくなってつまらなくなったと
毎年いいます。

●ぐり様
怖いの嫌い!なぐりさんはまんだら堂はだめだと思って・・・
もちょっと別なルート考えますね。
でも、鎌倉ってこんなところばっかりだったりもするような。

No title

日中であれば、心霊スポットも霊感の0なぐりには大丈夫かも
いかにも古都を感じさせる鎌倉散策
一緒に行きたかったなぁ~

別コースの予定はどうなのかな?
是非誘ってくだせいな

No title

うわぁv-405 並んだやぐらが圧巻だけど、よく考えるとv-399
あの廃屋なくなっちゃったのかー
アレがかなりアソコの雰囲気を盛り上げてたのに・・・

No title

心霊スポットだったんですね^^;
やぐら、って・・・ 何ですか???
ウシくん、何も感じなかったのかなぁ~^^
まっ、きっと ラテ家も誰一人 感じることはないでしょうけど・・・。
わんこもokってのが ちょっとびっくりな感じ!

No title

●ルーたん様
ハンソデは薄気味悪い、薄気味悪いといいながら毎年まんだら堂の一般公開を見逃しません。
鎌倉は家を建てる際にも発掘調査を先にしなければならないことが多いのですが、
人骨などはよくでてくると聞きます。
ウシ家全員霊感とやらにはまったく縁がないようです。

●ねーちゃん様
やぐらは↓ひろさんのコメントにもあるように鎌倉にはところどころあるのです。
でも、このように群集しているところは珍しいようです。
ウシはこの日行程の半分ほどを歩かせそれ以外はスリングでした。
元気になってきたので調子に乗って「おろせ、おろせ」と何度も騒ぎましたよ!

●私様
やはり小坪トンネルあたりは本当にその手の噂で有名なんですね・・・
名越切通しはお散歩の延長くらいの気持ちで歩ける程度の山道ですから
ワタクシのようなものでもまったく疲れ知らずで歩けます。
JR横須賀線が通るトンネルの上を越えるのですが、
電車が来るとなぜか私はテンションが上がります。
楽しいです。

●りふぉんママ様
私達は徒歩で小坪トンネル何度も通ってますが(日中ですけど)、
全然平気でしたよぉ・・・まあ、鈍感なだけかもしれませんが。
日曜日晴れるといいですねぇ。

●ムギパパ様
だからでしょうかね、鎌倉を訪れる人の年齢層が高いのは・・・
小町通りを歩いてもちっとも面白くないのですが、切通しなどはやはりいいですね。
ハイキングコースもなかなか歩き甲斐がありますから、ムギちゃんと一緒にいかがですか?
野生動物を観察するサークル。そのサークルの活動の一環として鎌倉のリスも観察されていたのですか?あの台湾リスの鳴き声聞かれたことあります?想像できない声なんですよね・・・

●ひろ様
そうなんですよ!これがまんだら堂です。
ひろさんもぜひ鎌倉のホーム地域拡大に訪れてみてください。
活動的なチェリー家なら朝飯前の行程ですものね!

●まめまま様
意外や意外といっては失礼なのですが。
ご興味おありですか。
来年もこの時期また一般公開がありますから。
そのときも必ずハンソデは行きたがりますから。ぜひご一緒しましょう。
まめ姐さんと、ウシの競演。夢のようですわー。

No title

へ~、私もまめパパもこういうところ好きなんですよ~。
でも今年はいけないな・・・
来年は行きたいな・・・
心霊スポットだと言ったら・・・
私とまめは行きたがるけどまめパパは・・・来ないだろうな(笑)

No title

おぉ~、ここがまんだら堂なんですね!
鎌倉にはこういう『やぐら』がいろいろなところにありますよね。
鎌倉といえば、大昔の戦場があったところだけに心霊スポット的なものが結構あるんですね!
たしかに、ここちょっと寒気がするってところ、時々ありますよね~。
谷戸が多く湿気があるという土地柄もあるんでしょうか?
でも、そういうところも鎌倉の魅力だったりもしますよね!

No title

心霊スポットや史跡に異様な関心を見せるウシ君って
のも何だか微妙ですけどね… 鎌倉だけじゃあなく
京都や奈良など古くからの歴史がある町の本当の
良さが判るのはある程度の年齢になってからなん
でしょうね中学校の修学旅行で京都・奈良に行った
時に歴史担当の先生に「この街の本当の魅力は
君たちにはまだまだ判りません、大人になったら
もう1度来て見なさい」と言われた事があります。
↓ 私が大学時代に入っていたのは丹沢や高尾山で
野生動物を観察するサークルですよ~

No title

↓私さん指摘の 小坪トンネル・・・怖いです。
実家へ行くのに いつも通るけど、できれば 夜は嫌だなあ~~

ときどき、人も歩いているし、民家もあるけど、平気なのかなあ~~

まんだら堂、今週末でも大丈夫なんですね?
行ってみたいなあ~
ワンコも歩いていいのかな?

No title

無知ですみません、まんだら堂ってその跡だったんですね(恥)
ミステリーゾーンとか小坪トンネルとか言われると背筋ゾクゾクするのですが
こうして写真を見ると気持ち良さそうなハイキングコースなようですね。


んー でもやっぱり怖いです。

No title

やぐらを初めて目の当たりにすると、まったく知識がないので
いくつかの疑問が次から次へと沸いてきます
いつの時代で、何のために?
なぜここに?
う~ん、いよいよ興味深いですね~

ウシくんはずっと抱っこだワンだったのですね
いい子でいられたのかな?
パックンはすぐギブしそう~^^;

No title

ハンソデさん、私も謎という言葉に弱いタイプです!
穴を掘ってみたら人骨が・・・?!((゚m゚;)ガクガク
行ってみたいような、やっぱり怖いような・・・
複雑な気持ちがします・・・
動物は見えないものや音などを察知する能力が
あると聞きますが、目立った反応がなかったと
いうことはウシ君は大丈夫だったんですね~(*^▽^*)ホッ

にほんブログ村 犬ブログへ
クリックをぜひお願いします!ウシのブログは何位かな?
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
AD
Facebook
おすすめ記事
著者(ハンソデ)がみずから選ぶお気に入りの記事リスト
プロフィール(犬)

ウシ 2008年8月3日、福岡生まれ、オス

ハンソデ&ハラマキ

プロフィール(人間)
著者:ハンソデ(夫)、ハラマキ(妻)

ハンソデ&ハラマキ

AD
検索フォーム
RSS
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
アクセス数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。